薄毛?若ハゲ?と思ったらAGA治療!20代30代40代のためのAGAお悩み解決情報ブログ

AGAとは、男性ホルモン型脱毛症・男性型脱毛症のことで、androgenetic alopeciaから取ってAGAと呼称されています。

それぞれの英語の意味は以下の通りです。
androgenetic ・・・ アンドロゲン = 男性ホルモン
alopecia ・・・ 脱毛(症)

特に20代以降の男性に多く見られ、20代前半だと”僕って若ハゲ!?”などと悩まれる方も多いことでしょう。

AGAの原因

ハゲ・薄毛の状態はAGAに限ったものではなく、ストレス(自己免疫機能の低下)による円形脱毛症などもあります。

しかし、AGAの特徴は進行性であるということです。頭頂部が徐々に薄くなったり、生え際がジワジワと後退していったり・・・

中にはふと気が付いたら薄くなっていた・・・という方もいるかもしれません。

このAGAの原因は遺伝や男性ホルモンの影響が大きいとされ、加齢・生活環境の影響もあるため、放置しても治る事は稀です。

ヘアサイクル(毛周期 発毛サイクルなど)の乱れ

なぜAGAで髪が薄くなってしまうのか。それはヘアサイクル(毛周期 発毛サイクルなど)の乱れが原因です。

ヘアサイクルは、髪が生えてから抜け落ち、また生えてくるまでの周期を指します。

正常なサイクルであれば2~6年の周期で髪の毛が抜け変わります。サイクルに問題の無い方でも1日に50~100本前後の髪が抜けているのです。

このヘアサイクル(発毛サイクル 毛周期)が乱れてしまうと数か月~1年で毛が抜けてしまい、結果として髪の毛が少なくなっていきます。

毛根の寿命

さらに、ヘアサイクルの回数は上限が決まっており、生涯に渡って繰り返されるものではありません。毛根一つ一つでもヘアサイクルの回数は違うのです。

ヘアサイクルが乱れ、早い周期で髪の毛が抜け変わっていくと、結果としてヘアサイクルの回数は早く消費されます。

ヘアサイクルが終了し寿命を迎えた毛根からは髪が生えてきません。

頭皮の環境を整え発毛を促進することも大切なのですが、何よりも大切なのは”発毛サイクルを正しい周期に戻す”という事なのです。

ヘアサイクルの詳細についてはこちらをご覧ください
ヘアサイクル(毛周期・発毛サイクル)とは?

悪玉脱毛ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)

ヘアサイクルの乱れには悪玉脱毛ホルモン・DHT(ジヒドロテストステロン)が影響しています。

そのためAGAの改善・治療にはDHTの活動を抑制する治療を行いますが、毛母細胞が死滅していると、発毛効果は見込めません。

20代~30代という時期は一番DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすい男性ホルモンの分泌が盛んな時期です。
DHTが盛んで、しかし毛母細胞がまだ活動しているこの時期だからこそ、薄毛・若ハゲ治療をする価値があるのです!

AGAの進行・段階と治療方法

AGA診療の際には、指標として進行具合を判断する分類が存在します。

ハゲ分類-ハミルトン-ノーウッド

Norwood O T. South Med J 1975; 68(11): 1359-1365より作図

ハミルトン・ノーウッド分類や高島分類といった分類で1~7のステージに加え、vertex型(頂点 頭頂部)、a(前頭部から進行)型といったタイプも存在します。

こちらではAGAの進行と、分類(ステージ)ごとの詳しい状況や治療方法をご紹介しています。
AGAの進行、分類
それぞれの治療方法

0783.blue AGAお悩み解決情報ブログ 管理人情報

当ブログ、0783.blue AGAお悩み解決情報ブログでは、薄毛が気になりだした管理人(30代後半男性)が育毛・発毛に関するお役立ち情報をリサーチし、同じ悩みを持つ方々のお役に立てるよう運営していきます。

管理人情報