フィナステリド錠(プロペシア) 内服薬の効果と副作用とは

フィナステリド錠(商品名:プロペシア など)は男性ホルモン テストステロンが悪玉男性ホルモン DHT(ジヒドロテストステロン)になることを抑制。臨床試験(ランダム化比較試験)でも男性型脱毛症・AGAの改善が確認されている治療法です。

※DHTは皮脂腺の受容体と作用して過剰な皮脂を分泌。毛穴を塞ぐことで男性型脱毛症を誘発します。

育毛・発毛 効果はある?

日本皮膚科学会の男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版によると、フィナステリドは男性型脱毛症(AGA)の改善が試験で確認されている薬品です。
AGA治療の前に見ておこう!日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドライン

成人男性へのフィナステリド内服は推奨度A「行うよう強く勧める」
女性に対しては推奨度D:行うべきではない
とされています。
※妊婦・授乳中の女性に投与するとDHTの低下によって男子胎児の生殖器官等の発育に悪影響を及ぼす恐れがあるため。また、未成年では安全性が確認されていません。

脱毛作用を抑止する目的で利用されていましたが、毛髪の成長も確認され、脱毛の抑制は髪の成長を維持し髪を太く・長くする結果に結びつきます。

海外では高用量で前立腺肥大症・前立腺癌の治療に用いられます。低用量では「プロペシア」といった商品名で多くの国で広く販売されています。

副作用・危険性

AGA治療としてフィナステリドの効果が確認されているのは成人男性のみとなり、未成年男性や女性への使用は推奨されません。※女性(妊婦・授乳中)の危険性は前述の通り

また、男性に対しては
性欲減退
勃起機能障害(ED)
といった男性機能低下や稀に食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)などの副作用が報告されています。

また、前立腺癌診断(血清PSA濃度の測定)をする場合は2倍した値を目安として評価する必要があるため、これらの項目に該当する場合は医師への相談が必要と言えます。

フィナステリド まとめ

成人男性で発毛・脱毛防止効果が認められている
性欲減衰、食欲不振、全身倦怠感(肝機能障害)などの副作用

利用できる性別・年齢が限られていること、副作用があることにも注意しましょう。

同じ効果のAGA治療薬にデュタステリド(商品名:ザガーロ など)があります。
デュタステリド錠(ザガーロ) 内服薬の効果と副作用。フィナステリドとの比較

AGA治療薬は低価格で手に入るものでは無いため、個人輸入を考える方もいますが、偽物の流通が問題視されています。
ニセモノを服用した場合は効果がでないだけでなく、思いがけない健康被害を生じる可能性があります。副作用も加味して医師への相談の上で処方してもらう形が理想的と言えるでしょう。

AGAスキンクリニック

発毛実感率99.4%
全国規模の薄毛治療病院。ミノキシジル / フィナステリドなどを配合したオリジナル発毛剤「Rebirth」、発毛カクテルを頭皮に注入する「Dr.メソセラピー」、AGA幹細胞再生治療など
AGAスキンクリニック AGAスキンクリニック情報

関連情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です